同人誌を作りたいのに「一太郎2017で『表示するヘッダ・フッタ』メニューが見つからない」とき


※真面目に悩んでいる人のための解法へのリンク

ひとは生きている限り、誰しも困難に直面する。
「一太郎2017で『表示するヘッダ・フッタ』メニューが見つからない」などという悩みがまさにそうだ。驚くべきことに、同人誌を作るとさらに困難は増える。
同人誌を作りたいのに「一太郎2017で『表示するヘッダ・フッタ』メニューが見つからない」という悩みを抱えている人間は、一様に「一太郎2017で『表示するヘッダ・フッタ』メニューが見つからない」と証言する。
ついでに、「何もしてないのにパソコンが壊れた」と言い添えることもある。

同人誌を作りたいのに「一太郎2017で『表示するヘッダ・フッタ』メニューが見つからない」という悩みを抱えている人間が、口をそろえたようにに「一太郎2017で『表示するヘッダ・フッタ』メニューが見つからない」と嘆いていることからも、この悩みは、人生における最重要課題だということがわかる。
このまま策を講じなければ、永久に「一太郎2017で『表示するヘッダ・フッタ』メニューが見つからない」ままであり、章タイトルを章ごとにヘッダ・フッタに表示するのは夢のまた夢だ。いつまでもヘッダーには記述されず、ヘッダーはずっと白紙のまま……。
人生の分岐点に差し掛かるたび、「あそこに章タイトルを表示できていれば、何かが違っていたかもしれない」という後悔を抱えて生きることになる。
そして、今際の際に、親族に「一太郎2017で『表示するヘッダ・フッタ』メニューが見つからない」と言い残して死ぬことになる。もしも親孝行の子孫がいれば、そのままケーズデンキかGEOに行き、「すみません、一太郎はありますか」と尋ねることになるだろう。

今回はこの「一太郎2017で『表示するヘッダ・フッタ』メニューが見つからない」場合の対処方法について語る。
賢明な人間であれば、おそらくは説明書をめくり、p80の「ページに共通のヘッダー・フッターをつける」を眺めているか、「ヘッダ・フッタに文章の各章を表示させたい」というJUSTSYSTEMのQ&Aあたりにたどりつくことだろう。

JUSTSYSTEMの、[サポートFAQ]、情報番号039006、「ヘッダ・フッタに文章の各章を表示させたい(別窓)」によると手順はこうだ。
「1 文書中の見出しに[目次レベル1]を指定する」

なるほど、レベル1、ならば一太郎を触り始めた人間にも安心だ。実際これは問題なくできる。
その次が問題だ。

2[目次レベル1]を指定した見出しをヘッダに表示する

1.[ファイル-文書スタイル-ヘッダ・フッタ]を選択します。
2.[表示するヘッダ・フッタ]で[見出し連動タイプ]を選択します。

その「表示するヘッダ・フッタ」メニューが一向に見つからない。よく似た「ページ/ヘッダ・フッタメニュー」は存在するというのに、「表示するヘッダ・フッタ」メニューが見つからない。
したがって、その続きである[見出し連動タイプ]といったタイプ項目も見あたらず、途方に暮れる。

目次レベル1というのは目安であって、初心者はレベル5くらいあったほうがいいのか? 草むらに出かけて、まずはありとあらゆるものを目次にしてやるべきか?

可能性のひとつには、あなたが一太郎だと思い込んでいるエディターがWordであるというのが挙げられる。

手元にあるのがたしかに一太郎であると確かめた。なぜだ? アカデミック版だからいけないというのか?
3回ほど再インストールしてみても、[表示するヘッダ・フッタ]はまだ見当たらない。もう、こうなってくると、神頼みの領域に突入する。部屋を行ったり来たりして乱数を調整してから、それでもうまくいかないので、己の行いを反省し始めるだろう。

あるい原稿をいったんよけておいて、JUSTSYSTEMへの問合せメールを書き始めるかもしれない。もちろんWordで。

結論を言ってしまうと、最初のオーダーでシンプルメニューを選択しなかったか?
一太郎は初心者丸出しの客には難しい注文を受け付けないようになっている。あなたがマスターに「マスター、ヘッダとフッタの表示だよ、頼むよ」というと、内心鼻で笑われているのだ。即刻、こっちが素人でないということを見せつけてやらねばならない。
店に通いつめ、マスターと親しくなり、「いつもの」と唱えるだけでヘッダ・フッタメニューを注文する代わりに、素人向けメニューを解除しよう。[ツール-オーダーメイド]の、まあ、「こだわり」あたりから「操作」を選んで、「シンプル」メニューから「通常」メニューに切り替えよう。
これで一つの困難は解決し、人生はより豊かなものになるだろう。そうじゃない場合はすまないがわからない。

ヘッダとフッタを利用することで、人生はより豊かになる。

▲例:ヘッダのページ振りを右にしたせいでページ数が交互に見えづらくなった場合(皆も気を付けよう)

結論:シンプルメニューになっている可能性がある。[ツール-オーダーメイド]の、まあ、「こだわり」あたりから「操作」を選んで、「シンプル」メニューから「通常」メニューに切り替えよう。