ふきだし ver 0.1β




「ふきだし」はゲームの文字起こしをするフリーソフトです。
ホットキーの操作によって、画面の一部または全部のスクリーンショットを切り出し、保存します。保存した画像から、Tesseract-OCRを用いてテキストを起こします。
精度はあまりよくないベータ版です。

Python製なので、Pythonが動く環境で動くかと思いますが、どうだろう。Windowsじゃないやつはイマイチわかりません。

■ダウンロード&更新履歴
GitHub Fukidashi
このリポジトリをForkしてもってくるか、「Fukidashi.py」単体でも環境があれば動くと思います。
さみしいので「icon.ico」も同フォルダに置いて下さい。

2020/07/08 0.1β公開

■動作環境と導入方法
ちょっと手間がかかります。
とくにPython環境を作るのが難しいと思います。

Windowsなら、おすすめはVisual Studioの無料版で入れてしまう方法です。

・Python 3.6をインストール
・必要ライブラリをインストール(ちょっとうろ覚え)
PyAutoGui
pywin32
Image
pillow
PyOCR
wxPython

・Tesseract-OCR+日本語パッケージをダウンロード
・環境変数にパスを登録して再起動

■使い方
@Fukidashi.pyを実行する
A対象のソフトをアクティブにして、[Ctlr]+[Space]を押す
B任意でマージンを設定
Cスクリーンショットが欲しい場面で[Alt]+[Space]を押す(繰り返す)
DFukidashi.pyと同じ場所の「image」以下にスクショが、「text」以下に解析結果がたまっていく

■注意
・解析には(1秒?)時間がかかります。連続してスクリーンショットをとらず、適度に間をおいて撮ってください。
・今のところ、精度はあまりよろしくありません。とくにツクール系はダメでした。
・テキストファイルと画像ファイルはやればやるほどたまっていきますので、必要のないものは適宜消しておいてください。

■その他
・Fukidashi.pyを任意のテキストエディタで開くとスクリプトを編集できます。必要があれば編集してください。
・もしも良い感じになって気が向いたなら、GitHubにプルリクしていただけると嬉しいです。

■免責事項
使用により何か起こっても責任は取れません。
趣味の制作物なので、真剣にメンテナンスしませんが、ご要望などがあればどうぞ。

ホームへ戻る